2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

ロシア絵画展 -ロシア絵画の神髄-



ロシア絵画展 -ロシア絵画の神髄-

上野公園

昨日の仕事帰りに、上野の東京都美術館で開催中の
ロシア絵画展 -ロシア絵画の神髄-」に行って来ました。

ついこの前、江戸東京博物館で開催された
ロシア皇帝の至宝展」の影響からだったりします(^ ^;ゞ
中でも19世紀の作品群には、力強い印象を感じました。

イリヤ・レーピンに代表される作家の多くは
17世紀ヨーロッパの画風が色濃く映ります。
しかし、描く対象が変わるだけでこんなにも新鮮に映るのは
社会に縛られること無くありのままを描写しているからだと思いました。

ロシア絵画展のポスターにも使われている
大作の「何という広がりだ!」は本当に圧巻でした。

横3メートルもの大きなキャンバスに描かれているのですが
見れば見るほど不思議な作品のような気がします。

何という広がりだ!
イリヤ・レーピン「何という広がりだ!」1903年



同様の大作「マルタとマリアの家のキリスト」は
その場に居合わせたような臨場感が印象的で
見る角度によっても雰囲気が変わる不思議な作品でした。

マルタとマリアの家のキリスト
ヘンリク・シェミラツキ「マルタとマリアの家のキリスト」1886年



見に行って本当に良かったです☆
会期は今月の8日(日)までです。
興味がある方は是非足を運んでみてはどうでしょうか。

帰りは少々汗ばみながらも天気の良い上野公園をパシャリ(笑)

いつも通り、気に入ったポストカードを購入~

ロシア絵画展ポストカード
[ 2007/07/06 金 23:50 ] ダラダラ見学会 | TB(-) | CM(-)